BLCART diary

日々いろいろの思いを。


風邪を起こそう!  2012/06/05(火)
楽しい時間  2012/05/26(土)
2つのグループ展=2つのパラダイス  2012/05/24(木)
キュン!!幸せなプレゼント!  2012/05/22(火)
ワイン コルク プロジェクト映像  2012/05/22(火)
不健全な魂は、健全な身体やどる。  2012/05/15(火)
2012.5.13  2012/05/13(日)
楽しかった「鑑賞の杜@茨木音楽祭」  2012/05/06(日)
どんな世界が見えるのだろう?  2012/05/03(木)
ワイン コルク プロジェクト@茨木音楽祭2012  2012/04/30(月)
1年後、2012年3月11日に描いた絵  2012/04/30(月)
安息地|RED|  2012/04/29(日)


風邪を起こそう!

NOMAチャリティうちわ展「風を起こそう!」に
参加します。
多方面のアーティスト参加で、どんな作品が見れるかワクワクしてます。
うちわ一つ1000円で、収益は被災地の子供たちへ届けます。

被災地東北に2回めの夏がやってきます。
いまだ終息のメドさえたたない福島原発。
そしてうやむやなままで大飯原発再稼働。
関電からの脅しのような節電。
そんな現状に「風がおきますように」

2012.6.10〜17(12:00〜18:00、最終日はライブのため16:00)
13日はお休み
http://nomanoma.jimdo.com/
Date: 2012/06/05(火)


楽しい時間

升田学さんのアトリエオープンパーティにいってきました。
古い一軒家を友人たちとリニュアールした素敵なアトリエでした。

升田さんはとても多才な人で、パフォーマー&アーティスト&デザイナーといろんな顔を持っています。
私が升田さんと最初に出会ったのは2年前でアーティストとしての升田さんです。
それが縁で升田さんプロデュースの「国生み神話芸術祭」のアートサイドに声かけてもらいました。
今になって気づいたのですが、私が手に取ったフライヤーやパンフは升田さん制作のものが多いです。さり気なくセンスがキラリと光っているデザインのものばかりです。

さて、そんな多才な升田さんなので、たくさんの人が入れ替わりで訪れて、いろんな人とお話できて楽しい時間を過ごせました。
手作り餃子パーティも美味しかった。たくさん食べちゃいました。
今は幸せな余韻に浸ってます。

私も一軒家のアトリエほしいな・・・!

画像は、アトリエと三日月。
差し入れで作った料理です。
Date: 2012/05/26(土)


2つのグループ展=2つのパラダイス

青天の霹靂だった心臓カテーテル手術から2週間。
すっかり元通りになりつつあります。
これからはお酒もスイーツも控え目にしないといけないですが、
ダイエットになって昔の服が着れるようになるかも?
楽しみです。

グループ展2つのお知らせです。
会場は私的にパラダイスを感じます。
時間あったら是非おいでください。

ちとせkobo銅版画展
2012年5月29日(火)〜6月3日(日)
12:00〜20:00(最終日17時)
会場:ギャラリー パライソ(アメリカ村)
制作にいってる版画工房のグループ展。
みんな気合い入ってます。
私は、銅版展なのに、エンボスワークを出します。
(もちろん銅版画もだしますよ〜)
会場のパライソの屋上にはパラダイスがあります。時間あったら体験してみてください。
http://www.paraiso-tv.com/event/index.html

第2回NOMAチャリティーうちわ展
2012年6月10日(日)〜6月17日(日)※13日(水)は休み
12:00〜20:00
12:00〜20:00(最終日17時)
会場:NOMA(川西市)
東北を襲った未曾有の大震災から早1年。
ふるさとに帰れない人がたくさんいます。
電気が足りないのはわかるけど、十分な検証もないまま原発再稼働へまっしぐら。
それでいいの?私たちに何かできることはないの?
そんな思いで集まった人たちがデザインした170枚のうちわを展示発売します。
(収益は、被災地の子供達へ寄付します。)
かたい話は抜きにしてNOMAのどこか懐かしい不思議な空間を体感するだけでも楽しいかも!
http://nomanoma.jimdo.com/
Date: 2012/05/24(木)


キュン!!幸せなプレゼント!

家に帰ったら友人からプレゼントが届いてました。

ブレスレットとピアス。
私の大好きな赤です。
友人の立ち上げたブランドの作品で、ブレスレットのアイテム名には私の名前がついていました。
思わず胸がキュン!!
嬉しくて早速つけています。

5日間だけの入院といえど、やはり心身に少しばかりのダメージがあったみたいでした。このタイミングで嬉しい出来事でした。
これをつけて明日は誰かに会いたい気分です。

友人のブランド「KAKI}
http://kaki-catalogue.blogspot.jp/

Date: 2012/05/22(火)


ワイン コルク プロジェクト映像

「ワイン コルク プロジェクト@鑑賞の杜@茨木音楽祭の映像」
5月5日のワイン コルク プロジェクトの映像をYou Tubeにアップしました。
茨木音楽祭での屋外の展示で、たくさんの人が参加してくれて、変化する様子を作り上げることが出来ました。
お時間あったら見てください、コメントも書いて頂けると嬉しいです。

http://www.youtube.com/watch?v=fv3maBa-uzg
企画・制作/浅山美由紀
オブジェ制作協力/よしみ工房
映像ディレクション・撮影/酒井俊明

この作品ができたきっかけが2011年の東日本大震災です。
出来たら東北に持って行きたいと考えています。
良い場があれば教えてください。
Date: 2012/05/22(火)


不健全な魂は、健全な身体やどる。

村上春樹が言ってた言葉で「不健全な魂は、健全な身体に宿る。」というのがあります。
例えば、小説を書くって限界まで自分追い込んだり、その間誰とも話をしない等、考えてみればすごく不健全。でも、その不健全な事するには、体力が必要という意味です。
これは、アートでも同じ。身体と体力があってこそ続けられる。
今それを実感してます。

10日から14日まで入院してました。
実は3月から夜になると、時々15分位、胸から首元や背中が締めつけられるように痛くなり逆流性食道炎かな〜と思ってたら、連休前半に息が出来なくなる程痛くなり病院にいったら心臓でした。

精密検査のため近所のK病院へ行ったら緊急入院になり心臓カテーテル手術受けました。冠動脈にステントを入れるという内容でした。
手術終わったら、フワ〜っとなって心臓がドクドク動きました。
血が通ってなかったんですね、恐いですね〜〜

しかし医学の進歩ってすごいです。
術後は、すぐ普通食べれます。(大抵の人は食欲なくて残すらしいけど、私はほぼ完食)
その後、2日間は心電図と点滴とお友達でしたが、さしてダメージなく回復していってます。
ひと昔前は開胸手術だった事思えば、5日間で退院ってすごいです。

まーでも、やはり心臓なので手術中に発作が起きて亡くなる方はいるそうです。
人間いつどうなるか、わからないです。
作品の制作も、人と会うときも、真摯にしなければと思った5日間でした。

※画像は、入院してた病室。個室しか空いてないので入ったのですすごく快適!
それと、心臓食。これが美味しかったです。参考にしよう!



Date: 2012/05/15(火)


2012.5.13
村山華岳、51歳で亡くなる前日まで、絵をかく準備していた。
私も自分のすべきことしないと、ブレてる場合ではない。
時間は、たくさんあるけど、過ぎて行くのも早い。
Date: 2012/05/13(日)


楽しかった「鑑賞の杜@茨木音楽祭」

「鑑賞の杜@茨木音楽祭」5月5日、無事終わりました。
1日中、外にいたのは久しぶり、気持ちよかったです。

参加型の「ワイン コルク プロジュエクト」、たくさんの人にコルクを貼ってもらいました。
「壊れて廃墟になった建物や崩れた山も、たくさんの人の力で再生されるという願いを込めている。あらたな再生を、みんなでコルクを貼ることで体験してほしい」という思い、伝わったかな。
そして、初めてのワークショップ「コルクを貼ってオリジナルフォトフレームを作ろう!」ドキドキでした。(画像は、なやさんの写真)
無事終わって、どっと疲れが出て、今日は1日家でゴロリンといて余韻に浸ってました。

そして今回も友人たちに助けられました。

コルクが増えて変化していく過程は、酒井くんが定点カメラで撮影してくれた。
出来上がりがすごく楽しみ。搬出も最後まで仕切ってくれた。

初めてのワークショップで段取り悪い私をサポートしてくれた、というより主になってコミュニケーションとってくれたなやさん。

そして、お客さんで来たのにワークショップと搬出手伝ってくれた早苗ちゃん。

ありがとう!感謝!

Date: 2012/05/06(日)


どんな世界が見えるのだろう?

安息地|RED|の中には、沢山の方が入って頂けてるとのこと。
みんなどんな世界が見えているのかなぁ?

5月6日までです。
素材と表現2012@福井市美術館
Date: 2012/05/03(木)


ワイン コルク プロジェクト@茨木音楽祭2012

この土日は福井&京都、合間に父の供養と飛び回ってたので、今日は家でゴロゴロしながら、ダイアリーのアップしたりして過ごしました。

さて、今年も「茨木音楽祭」のアートサイドの茨木神社の「鑑賞の杜」に今年もします。

鑑賞の杜@茨木音楽祭
5月5日(土) 12:00〜18:00 会場:茨木神社
雨天中止(中止の場合は茨木音楽祭のHPに当日7:00に案内されます)
※茨木音楽祭は雨の場合は屋内に会場を移して開催されます。

■展示作品:参加型の「ワイン コルク プロジェクト」
木製のオブジェにワインのコルクを貼ってもらい「つながり」「変化」「再生」を感じてもらう作品です。
また、その変化の経過を撮影し、後日発表します。
(木製オブジェ制作協力:よしみ工房、撮影:酒井俊明)

■ワークショップ:「ワインのコルクを使ったオリジナルフォトフレームを作り」
13:00〜14:00 15:00〜16:00の2回の予定。
(協力:なやいくよ)

「鑑賞の杜」では緑の中屋外で、アート展示にプラス、ワークショップ/ライブ/カフェもあります。
ビールと日焼け止め片手に遊びにきてください!私も飲みたい!

※詳細は下記のHPをチェックしてください。
鑑賞の杜@茨木神社(出展者の詳細はもうすぐアップされます)
http://ibaon.jp/art.html
茨木音楽際
http://ibaon.jp/index.html
Date: 2012/04/30(月)


1年後、2012年3月11日に描いた絵

昨日、午前中の父の供養を澄ませた後、京都の「1年後、2012年3月11日に描いた絵@セルフ-ソウ アートギャラリー」にいって来ました。

75人の作家による新作展で、
みんないろいろの思いがあるのだなぁ・・と感じられる静かな、それでいて強い作品展です。
私の作品「ボーダー ライン」は2階の庭側の部屋に展示してありました。
この部屋はには、セルフ-ソウ アートギャラリーが大阪にあった時からある、テーブルと椅子が置いてあり、私の好きな場所です。

セルフ-ソウ は、私がギャラリーでの個展を初めてした所です。
おそらくここで個展をしなければ、私は作品お作っていなかったかもしれません。
また、私が作品を作るきっかけとなったのは、1995年1月17日の阪神大震災です。
そういう意味で、「1年後、2012年3月11日に描いた絵」と「セルフ-ソウ アートギャラリー」というのは、私にとって意味深いものなのです。

会期は5月6日まで(11:00〜19:00、最終の6日は17時までです)
http://www.selfsoart.jp/
Date: 2012/04/30(月)


安息地|RED|

暑いですね。
いきなり夏日です。昨日の福井もあつかったです。

素材と表現2012@福井市美術館
始まってます。
5月6日までです。
http://www.art.museum.city.fukui.fukui.jp/

私は、「安息地|RED|」出してます。
作品の中に入ってもらうという体験型の作品だしてます。
オーガンジーという透けて見える素材でできているのですが、中に入ると世界が少し変わってみえます。
「視点を変えると世界が変わっみえる」という事がテーマです。
他の作家さんの作品も力量ぞろいで見応えあります。
近くの方、旅行で来られた方、ちょっと足を延ばしてもらえると嬉しいです。
福井は今、ほたるイカとカレイが美味しいそうです。焼き鯖や鯖寿司も美味しい!!

福井市美術館は広い緑の敷地の中にある気持ちの良い美術館です。
でも、ここは原発に30キロ圏内。
美術に関わりつつも、あやうい安全の中でなのです。
そんな中、地元の方は生活をしています。
昨日も展示中に、地元の作家の方は大飯原発再稼働の事を話してました。
一人は脱原発、もう一人は経済のためには仕方ない。
お互い静かに淡々と話されてました。
遠くからたまに来る私とは、はかりしれない思いがあることと思います。
安全な未来(日本も地球も)のためには脱原発でなければいけないと私は考えてます。
そのために、原発のある地区の方に原発が無くなった場合の経済的負担を強いるのではなく、それは、今生きてる私達が全員で負担しなければならない。
・・・・と考えつつの搬入日でした。
Date: 2012/04/29(日)


現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND

018636
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.61